江戸川区 平井 小松川 亀戸 幼稚園 東京聖書バプテスト教会附属 キリスト教 保育 少人数制 絵本 教育

園の特長

シオンらしさ




 忙しい今の時代は、何でもハヤく、ハヤくとせき立てられる何かに動かされているようです。落ち着きなく動き回ってスケジュール表で時間を考えて、あれもやり、これもやらなきゃ、と大変です。文字通り「忙しい=心が亡びて」精神的な豊かさがゆったりともてる時代ではないのかもしれません。

 でも、そんな時代だからこそ、幼子(おさなご)の時こそ、心豊かに育まれる必要があるとシオンは考えています。

 園バスは、便利で楽な面がありますが、シオンでは、毎日親御さんに送り迎えをしていただいています。自転車や車、歩いて手をつないで、いろんなことを話しながらお母さんやお父さんと楽しそうに園に来る子供たちの笑顔が素敵です。
 わずかな時間ですが、それを惜しむよりも、むしろ楽しく積み重ねる間には、親子でしか体験できない共有する思い出がつくられていきます。

 給食があった方が良い面もあります。シオンでは、週に一回、パン給食があり、地元のパン屋さんが美味しいパンを運んでくれます。それ以外の日は、お母さんの手作りの「おべんとう」です。こども時代の楽しみは、お母さんが心を込めて毎日朝からつくってくれたお弁当のふたを、ワクワクしながら開ける瞬間の積み重ねで彩られます。

 親子でもつ、絵本の時間は、人生の宝物です。絵本も素敵ですが、なによりも、世界中で自分を愛してくれているお母さん(時にお父さん)が絵本を読んでくれる! なんと豊かな人生体験ではないでしょうか?

 聖書のお話を心を落ち着けて聞く、お礼拝の時間は、神さまのたいせつなおはなしを聞きます。誰も見ていなくても、悪いことはしてはいけないし、良いことは良いことだと、小さな子供の時から、正しいことを選び取ることを励まされることは、大切です。

 もちろん、様々な習い事も、教室へ通う事も益があると思います。ただ、シオン幼児学園は、大切にしたいものがあり、それを素朴に守り、子供たちと、親御さんたちとそれらを共有していきたいのです。

シオンでは、

丁寧な保育教育を少人数制でこころがけています。

手も、目も、心もかけて育まれる中で、

それぞれの子供たちが、しっかり認められ、

のびのびと育ってほしいと、願ってのことです。

一人ひとりの子どもが皆個性豊かな存在ですから、

先生と子どもが、確かな信頼関係を築きながら、

それぞれの子どもの成長を、まわりのみんなが喜びながら大きくなる

そんな幼稚園時代を過ごして欲しいと願っています。




FAQ/質問とお答え園の特徴もご覧ください。)




🔴 園でのびのびと咲くお花さんたちです。↓

画像の説明 画像の説明

画像の説明 画像の説明

画像の説明



Since 2013.6.9 累計閲覧数 3985+:2735 今日:2 昨日:5

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional